観望内容・プラネタリウム番組案内

星空の見方

ギャラリー

よくある質問

最新情報

2024.4

 

ふれあいの丘天文館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

【4月休館日】
・1日(月)・8日(月)・15日(月)・22日(月)
・30日(火・4/29の振替休館日)
【5月休館日】
・7日(火・振替休館日・8(水・振替休館日)・13日(月)
・ 20日(月) ・27日(月)

2024.4
星空情報

【春の星座を探してみよう】

春の星座を探す手掛かりは柄杓形の北斗七星です。柄の部分をそのまま伸ばすとうしかい座の1等星アルクトゥールスが、さらに伸ばすとおとめ座の1等星スピカが見つかります。その西側にはしし座の2等星デネボラがあり、これらを結ぶと春の大三角となります。手掛かりとなった北斗七星はおおぐま座のしっぽの部分に当たります。少し暖かくなってきた夜、空を眺めてみてください。

2024.4

開館時間利用料金予約方法アクセス等については 「ご利用の案内」をご覧ください。

2024.4

予約なしでも天体観望は可能ですが、予約なしで来館された場合、臨時休館・団体貸切・占用利用等によって観望できないことがあります。予約なしで来られる方は、直前に観望の可否をお電話でご確認の上、ご来館ください。お問合せ先:天文館の電話番号 0287-28-3254

今月のみどころ

今月の1枚
 (M3)
M3


トピック=M3:球状星団
りょうけん座にあって、直径が100光年以上もある巨大な球状星団です。およそ50万の星が球状に集まっています。

基本情報

【月の見やすい時期】
  11日~17日(昼の観望)
  10日~20日(第1回観望)
  12日~23日(第2回観望)
  12日~23日(第3回観望)

  〇満月24日、●新月9日

【星の見やすい時期】
   2日~14日、26日~29日

【観望可能な惑星】
木星:1日~21日(昼の観望)
天王星:1日~4日(第1、2回観望)

【観望対象】
カストル:二等星(ふたご座)
M44(プレセペ星団):散開星団(かに座)
アルギエバ:二重星(しし座)
M3:球状星団(りょうけん座) 等



イベント情報

4月12日(金)~14日(日)
5月10日(金)~12日(日)
19:40~21:00
春の星座観望会
春の大曲線をたどり、おおぐま座やうしかい座、おとめ座、からす座など、春の星座を探 します。さらに大きさの違う望遠鏡を使って、春の星座内にある天体を観望します。
4月20日(土)
13:30~16:00
街角観望会
中央多目的公園に太陽望遠鏡を設置し、太陽表面にある黒点やプロミネンスの様子を観望していただきます。天文館は平常通り開館しています。
4月21日(日) 
第3回観望(20:10~21:00)
街角観望会
お手持ちのビデオ・一眼カメラで月やクレーター等を撮影します。望遠鏡にカメラ本体を接続して撮影します。
4月26日(金)~29日(月)
5月1日(水)~6日(月)
19:40~21:00
小学生向け春の星座教室
《北斗七星から星座を探そう》

北斗七星を目印に、春の大曲線をたどりながら春の星座を探していきます。また、春の星座内にある1等星や望遠鏡でしか見られないような天体も観望します。