観望内容・プラネタリウム番組案内

星空の見方

ギャラリー

よくある質問

最新情報

2024.2

 

ふれあいの丘天文館をご愛顧いただき、誠にありがとうございます。

【2月休館日】
・5日(月)、13日(火・振替休館日)、19日(月)
・26日(月)・27日(火・2/24の振替休館日)
【3月休館日】
・4日(月) ・11日(月)・18日(月)
・21日(木)振替休館日 ・25日(月)

2024.2
星空情報

【オリオン座の三つ星に注目】

冬の星座でよくご存じのオリオン座、真ん中に仲良く並んでいる3つの星が目印です。「三つ星」と呼ばれる星々です。夜8時、南の空にこの3つ星が並んでいます。右側から「ミンタカ」「アルニラム」「アルニタク」と名前がついています。東の地平から昇ってくるときや西の地平に沈んでいくとき、その先頭はいつもミンタカで、ほぼ真東から昇り真西に沈みます。真ん中のアルニラムは脈動(みゃくどう)変光星(へんこうせい)といって、明るさが変わる星です。明るさが変わるのは星が膨張したり収縮したりするためです。アルニタクは質量が太陽の30倍以上、半径が20倍以上もある巨星です。 3つの星は横一列に見えますが、地球からそれぞれの天体までの距離が違うので、実はばらばらに位置しています。最も遠いアルニラムまで1300光年(天文年鑑)。宇宙の広がりを感じさせる三つ星です。

2024.2

開館時間利用料金予約方法アクセス等については 「ご利用の案内」をご覧ください。

2024.2

予約なしでも天体観望は可能ですが、予約なしで来館された場合、臨時休館・団体貸切・占用利用等によって観望できないことがあります。予約なしで来られる方は、直前に観望の可否をお電話でご確認の上、ご来館ください。お問合せ先:天文館の電話番号 0287-28-3254

今月のみどころ

今月の1枚
 (Ⅿ42)
Ⅿ45


トピック=M42(オリオン大星雲):散光星雲
望遠鏡で見ると鳥が翼を広げた姿に似ています。中心部分の四重星「トラペジウム」は、この星雲から生まれたばかりの新しい星の姿です。

基本情報

【月の見やすい時期】
  12日~18日(昼の観望)、19日(14:10~)、
  20日(15:10~)、21日(16:10~)
  12日~22日(冬季限定観望)
  13日~23日(第1回観望)
  14日~24日(第2回観望)
  15日~25日(第3回観望)
  〇満月26日、●新月10日

【星の見やすい時期】1日~11日、28日~29日

【観望可能な惑星】
木星:1日~29日
    (昼の観望、冬季限定観望、第1,2回観望)
   1日~23日(第3回観望)、
    24日~29日(第3回観望 20:40まで)
天王星:1日~29日(第1,2,3回観望)
海王星:1日~4日(第1回観望 18:40まで)

【観望対象】
ベテルギウス:(オリオン座)、
M42(オリオン大星雲):散光星雲(オリオン座)
カストル:二重星(ふたご座)



イベント情報

2月6日(火)~9日(金)
・11日(日)
1回18:10~19:30、
2回19:40~21:00
冬の星座観望会  《オリオン座 おうし座 ぎょしゃ座》
冬の星座と星空に点在する有名天体を観望します。
2月10日(土)
第2回観望~第3回観望
(19:10~21:00)
写真撮影会7 《 M42 オリオン大星雲を撮影しよう 》
お手持ちのデジタルカメラでオリオン大星雲M42を撮影します。望遠鏡にカメラ本体を接続し撮影します。
 2月18日(日)
17:10~18:00
月撮影会 11 《ホームビデオカメラ・一眼カメラで月を撮影しよう 》
お手持ちのビデオ・一眼カメラで月やクレーター等を撮影します。望遠鏡にカメラ本体を接続して撮影します。